デスクトップパソコンとノートパソコン

パソコンは大きく分けて、デスクトップパソコンとノートパソコンになりますが。
デスクトップというのは「机の上」という意味です。
たいていは箱の形をしたパソコンの本体があって、出力装置であるディスプレイと、入力装置のキーボート・マウスが接続されています。

 
これに対してノートパソコンはPC本体・画面・キーボードが一体となっています。マウスを接続することもできますが、タッチパッドが備えられているものでは、指先でマウスの操作が出来るようになっています。

多量のデータを扱う場合など、補助記憶装置のハードディスクを接続できます。
また、音楽などの再生にスピーカを接続したり、映像の入力にデジタルカメラやスキャナを、また印刷のためプリンターを接続したりできます。

 
Wikipediaによると、ノートパソコンというのは和製英語だそうです。(参照:ラップトップパソコン

About Saito1ch

■バーミリオンシステム:太宰府市商工会会員、PC出張サポート業務■特定非営利活動法人エルダーネットQ州(NPOENQ):他団体への技術支援、サークル指導(南区横手公民館)■J:COM福岡コミュニティ担当:公民館インターネット教室講師■特記事項:ラシーンを駆り、猫と暮らす。6才の愛猫Μ(ミュー)は別居中、5才チャコは町内を放浪中、残った子3匹+居候猫3匹も捨猫K介が拾われて来て距離を置いてしまう。赤ちゃん猫を育てるのは大変だけど、やっぱK介可愛いね。ねぇみんな家に帰っておいでよ。
This entry was posted in PCの基礎知識. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.