①-1ホームポジション

タッチタイピング教室の始まりです。

あなたも一週間でタッチタイピングをマスターしましょう。
って、ふれこみで始める訳ですが…

「たった5分でマスターするタッチタイピング教室」と変更してもいいくらい基本は簡単なんです。

その基本とはホームポジションマスターすることに尽きます。
私はここで、さらに目をつぶって指先に神経を集中しキーの感触を覚えるという物事の習得を頭でなく五感を最大限に活用した練習法を推奨します。これがミソです。

HomePosition

HomePosition

人差し指で押下する[F]と[J]のキーには突起があったり、キートップのカーブが深かったりと、指で触った時に、他のキーと全く違う感触があります。これを指先で感じてください。
さらに、左手[A][S][D][F]、右手[J][K][L][;]と指をキーに乗せて、前後左右にそれぞれの指で、キートップの上をなでるように動かしてみてください。そこでキーと指とがぴったり合うポジションをさぐります。
この時、親指は[スペース]の手前に軽く置いて、手全体のイメージをしっかり覚えて込んでください。

指を乗せている[A][S][D][F][J][K][L][;]のキーをガイドキーと云い、ガイドキーに指を置いた状態をホームポジションと呼びます。

目をつぶっただけで、指先が敏感になります。
ホームポジションは、タイピング中は常に意識します。
ここから指が動いて、キーを押下し、またここに戻ります。
しっかり体得しましょう!

About Saito1ch

■バーミリオンシステム:太宰府市商工会会員、PC出張サポート業務■特定非営利活動法人エルダーネットQ州(NPOENQ):他団体への技術支援、サークル指導(南区横手公民館)■J:COM福岡コミュニティ担当:公民館インターネット教室講師■特記事項:ラシーンを駆り、猫と暮らす。6才の愛猫Μ(ミュー)は別居中、5才チャコは町内を放浪中、残った子3匹+居候猫3匹も捨猫K介が拾われて来て距離を置いてしまう。赤ちゃん猫を育てるのは大変だけど、やっぱK介可愛いね。ねぇみんな家に帰っておいでよ。
This entry was posted in タイピング and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.