教材:Excel文書「○月予定表」

Excelの入門として簡単な予定表を作りましょう。
セルの選択、文字の入力、オートフィル、セルの高さ・幅の調整、罫線の操作…。
Excelの基本的な操作を覚えたら、式の入力、関数の利用、書式の設定に進みます。
プレビュー画面で余白を表示して、A4縦の用紙にきれいに収まるよう倍率やセル・余白の調整をしましょう。
印刷範囲の設定もしておきましょう。

下の見本にならって作成してみましょう。

YokotePC月予定表

ワークシート上では、次のようになります。

YokotePC月予定表home

セルA2のコメントにあるように、このセルの年月を修正するだけで、月末処理や曜日の設定が出来るようになっています。
各セルにどのような式があって、書式がどうなっているのか・・・。気になったらファイルをダウンロードしてみましょう。

完成したExcel文書はこちらから→YokotePC月予定表 (旧xls形式→YokotePC月予定表

さて、セルA1は式「=A2」です。値はどちらも「2013/10/1」なんですが、A1は「2013年」(年という文字も…)、A2は「10」です。
ちなみに、月初にあたる1日のセルA4も式「=A2」なんです。この列Aは日にちの表示ですから、1~31(または月末)までの数字に決まっているのですが、セルの値としては年月日の情報を持たせています。それは、隣のセルで曜日の表示をさせたり、月末の処理(月末以降は表示させない)に必要だからです。
2日目にあたるセルA5は式「=A4+1」。これを月末までオートフィルを使って入力します。
「ひとつ前のセル+1」という記述は、セルの値を次々増やす、お約束(常とう句、おまじない)です。

次に、曜日の表示ですが、ここでは、関数TEXTを使用しています。
1日の曜日を表示するセルB4には式「=TEXT(A4,”aaa”)」と、つまりA4の日付の値から曜日の文字を取り出す訳です。
曜日を表す文字「月、火、水、木、金、土」で表示させるためには、その表示形式を「”aaa”」と指定します。
ちなみに「○曜日」と表示させたいなら、”aaaa”と指定します。
土曜日曜のセルの色を変えていますが、これには条件付書式を使っています。説明は省略します。

最後に、月末の処理です。
2日から28日までは上のセル+1でいいのですが、1日から29、30、31番目の日が翌月になる、いわゆる「小の月」の処理を考えてみましょう。
条件によって、違う処理をするには関数「IF」を使います。
まず、条件を式に表し、その式の値が真の場合、偽の場合、という具合に記述します。
一般的な表記は「=IF(条件式,真の場合,偽の場合)」。
この予定表の場合。月初1日と当該日との月を比べて、月が同じなら日にちを表示し、月が変わったら表示しない。
ということです。
29日の場合、セルA32には「=IF(MONTH(A$2)=MONTH(A31+1),A31+1,””)」と記述しています。
関数MONTHを使って日付から月の値を取り出します。29日は「A31+1」です。(「A4+28」としても同じ)
表示しない場合のおまじないは「””」です。表示させる文字をダブルコーテーションで囲むという決まりがあり、何も表示させない、つまり「””」と表記するのです。

こんな感じで、「ガッテン」していただけましたでしょうか?

About Saito1ch

■バーミリオンシステム:太宰府市商工会会員、PC出張サポート業務■特定非営利活動法人エルダーネットQ州(NPOENQ):他団体への技術支援、サークル指導(南区横手公民館)■J:COM福岡コミュニティ担当:公民館インターネット教室講師■特記事項:ラシーンを駆り、猫と暮らす。6才の愛猫Μ(ミュー)は別居中、5才チャコは町内を放浪中、残った子3匹+居候猫3匹も捨猫K介が拾われて来て距離を置いてしまう。赤ちゃん猫を育てるのは大変だけど、やっぱK介可愛いね。ねぇみんな家に帰っておいでよ。
This entry was posted in Excel関連, 教材・書籍. Bookmark the permalink.

One Response to 教材:Excel文書「○月予定表」

  1. Saito1ch says:

    上の条件式ですが、もっと簡単に出来ますね。
    「月が変わったら」では条件式に月の値を取り出す関数が二つ必要でややこしいです。
    そこで、「日が1じゃなかったら」という条件にしたらどうでしょう?
    29日の場合、セルA32には「=IF(1<>DAY(A31+1),A31+1,””)」と書けます。
    「日が1だったら」と条件を逆にしたら、「=IF(1=DAY(A31+1),””,A31+1)」ですね。
    30日、31日の場合も同じ考え方でいいでしょう。
    いっそ、「日が4より小さい」とかでもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.