教材:Excel文書「納品書」(1)

今回は、Excelで納品書を作成します。

まず、品名、数量、単価、計と4つの列のタイトル行を入力します。

納品書01

 

5アイテム記載できるように、表を作成します。

 

納品書02

 

罫線の格子を選択します。

納品書03

 

格子を選択後、再度、外枠太罫線を選択。

納品書04

 

タイトルと各項目との境は、二重罫線にしましょう。タイトル行を選択して、下二重罫線を選択。

納品書05

 

合計を記載する欄も付け加えます。罫線も引きましょう。

納品書06

列幅を変更します。品名は大き目、数量は小さ目、単価・数量は同じ幅でちょっと広げましょう。

納品書07

 

項目名の配置を変更します。

納品書08

各項目名のセルを選択してから、セルの書式設定のダイアログを出します。

納品書09

 

均等割り付けでインデントは1にします。

納品書10

行の高さをちょっと大きくしましょう。

納品書11

 

では、計のセルに計算式を入れましょう。

納品書12

 

半角の「=(イコール)」を入力します。

納品書13

 

単価×数量を計算させますので、まず、単価のセル(C2)をクリックします。

納品書14
掛けるを表す記号、半角の「*(アスタリスク)」を入力します。

納品書15
数量のセル(B2)をクリックします。

納品書16
Enterキーを押下すると、計算結果(単価×数量、この場合)「0」が表示されます。

納品書17

 

オートフィルを使い、セルD2の式を、D6まで複写します。

納品書18

 

セルのコピーでいいのですが、実際に必要なのは数式だけですので、書式なしコピーを選びます。

納品書19

 

合計のセルには、Σ(SUM関数)を使って計算させます。

納品書20

合計のセルD7には、セルD2からセルD6の和が入ります。「=SUM(D2:D6)」

これで計算ができるようになりました。

納品書21

 

単価、計、合計のセルは、桁区切り表示にします。

納品書22
名前を付けて保存しましょう。「納品請求書」にします。

納品書23

 

 

 

About Saito1ch

■バーミリオンシステム:太宰府市商工会会員、PC出張サポート業務■特定非営利活動法人エルダーネットQ州(NPOENQ):他団体への技術支援、サークル指導(南区横手公民館)■J:COM福岡コミュニティ担当:公民館インターネット教室講師■特記事項:ラシーンを駆り、猫と暮らす。6才の愛猫Μ(ミュー)は別居中、5才チャコは町内を放浪中、残った子3匹+居候猫3匹も捨猫K介が拾われて来て距離を置いてしまう。赤ちゃん猫を育てるのは大変だけど、やっぱK介可愛いね。ねぇみんな家に帰っておいでよ。
This entry was posted in Excel関連, カリキュラム. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.